1. Home >
  2. トピックス >
  3. 仙台空港出入国管理について講話をしていただきました

仙台空港出入国管理について講話をしていただきました

エアポートビジネス科2年生は、9月20日に仙台国際空港にて、仙台入国管理局 仙台空港出張所 所長から仙台空港における出入国手続きについて講話をしていただきました。
講話の冒頭に所長より「社会人として挨拶が重要である事」「どんな仕事でも楽な仕事は無い事」この2点についてお話しをしていただき、どんな仕事でも基本は一緒なのだということを深く納得することが出来ました。

講話の中で「公用旅券」や「外交旅券」のサンプルを学生が手に取り、表紙の色の違いなどを確認することができ教室で学んだ知識が現実の知識となりました。
また、パスポートは本人を証明する唯一無二の書類であることや海外で保護や便宜を要請する書類であることなど、パスポートの重要性と有難さも再確認しました。

旅行イメージ 通常のパスポート

学生からの質問で、外国人旅行者が急増する中での不審人物に対する水際対策やおもてなしについて、入管職員と航空会社との日頃のコミュニケーションについてなど、たくさんの質問にも丁寧にお答えいただきました。
学生たちは、今回の講話を聴いたことにより今後の教室での授業が理解しやすくなったのではないでしょうか。

H28.10.03更新

前へ次へ

 

  • 資料請求
  • 学校見学情報
    • AO入学制度
    • 特待生・奨学金制度
    • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程
    • 電子パンフレット
    • 学校紹介MOVIE
    • LINE
携帯サイト