1. Home >
  2. トピックス >
  3. 研削といし取替業務特別講習

研削といし取替業務特別講習

11月17日(土)、航空機整備科2年生が「研削といし取替業務特別講習」を受講しました。
この講習を受ける事により、グラインダ(回転するといしで物の表面を研削するための工具)の研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務ができるようになります。
知識・技能不足によるといしの破損・飛び散り、回転するといしへの接触による負傷などの労働災害が多いため、労働安全衛生法で「危険又は有害な業務」に指定されており、研削といし取替えなどの業務特別教育を修了した者でなければ業務につくことはできないと定められています。

グラインダは鉄類などを削るもので、飛行機のパーツを寸法に合わせて削る作業で欠かせないものです。学生全員、業務でグラインダを取り扱えるように、講習へ臨みました。

午前は学科で、取り扱うといしや取り付け具、試運転の方法を受講しました。少しの油断が大きな怪我に繋がるため、聞いている学生の顔も真剣です。
午後の実技では、高速切断機・ディスクグラインダ・両頭(卓上) グラインダの3種類について、といしの取替・調整・試運転の課目を熱心に受講成績もよく、全員修了証をもらいました。
この基礎教育を基本に『安全第一』をモットーにして今後の仕事に活かしてもらいたいと思います。

H24.11.28更新

前へ次へ

 

  • 資料請求
  • 学校見学情報
    • AO入学制度
    • 特待生・奨学金制度
    • 文部科学大臣認定 職業実践専門課程
    • 電子パンフレット
    • 学校紹介MOVIE
    • LINE
携帯サイト