キャンパスニュース

今年も「JALグループ特別授業」が開催されました

2017年7月 7日

7月1日(土)、昨年に続きJALグループ特別授業が開催されました。

この特別授業は、JALグループの運航・客室・旅客・整備・グラハン等各部門の皆様がボランティアにより毎年開催しているもので、今回が6回目となります。

多数の卒業生を含む40名以上の現役社員が学校を訪れ、趣向を凝らした授業内容で、普段の授業では経験できない内容や、現役社員ならではの技量の高さを目の当たりにし、学生たちも目を輝かせていました。

航空機整備科では、ジェットエンジンの内視鏡検査や電圧を見るオシロスコープ検査の実技、FaceTimeによる大阪航空機整備センターとの中継、先輩と語ろう車座Q&Aの授業を受けました。

170707_1a.jpg

空港エンジニア科では、ドーリーを連結したトーイングトラクターでのバック操作や、ドーリーからハイリフトローダーへ貨物トランクを移す作業方法の実技などを学びました。

170707_1b.jpg

エアポートビジネス科では、グランドスタッフによる接客のロールプレイ、キャビンアテンダントによる機内接客や身だしなみ、心構えなどの講義を受けました。

170707_1c.jpg

最後は、参加者全員が体育館に集合。非常脱出時のライフベストの使い方を学びました。

授業の最後には、非常脱出訓練として救命胴衣を体験するなど、臨場感のある授業となりました。

また当日は高校生やそのご父兄など多数の見学者も授業を参観し、高校生にとっては将来航空業界で働く夢を実現させるための第一歩を踏み出せたのではないかと思います。

170707_1d.jpg

年別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

  • 資料請求
  • 学校見学会
  • 進路相談会
  • AO入学制度
  • 特待生・奨学金制度
  • 電子パンフレット
  • 学校紹介 MOVIE
  • 文部科学大臣認定 職業実践専門過程
  • 東日本航空 LINE@
  • 東日本航空 twitter